2020年4月6日月曜日

Nvidia GeForce 5 FXシリーズフルドライバーのダウンロード

...

Nvidia GeForce 5 FXシリーズダウンロードドライバー. 3DMark03の提出は、Nvidia GeForce
5 FXシリーズのOld School is Best Schoolコンテストの一部として、完全に遡及的に行われました。 macsbeach98からの提出物は、こちらのHWBOTで見つけることができます。

Nvidia GeForce 5 FXシリーズフルドライバーのダウンロード

NVIDIA GeForce FXカードを使用してHWBOTに提出された最高のNvidia GeForce 5 FXシリーズスコアは、スロベニアのオーバークロッカーtiborrrによって作成されました。彼はグラフィックスメモリにNvidia GeForce 5 FXシリーズをプッシュしました。この構成で、彼はハードウェア1位のスコア39,037マークを管理しました。彼が使用したリグには、5,305MHz(+ 80.87%)で動作するIntel Pentium E6500Kの「Wolfdale」プロセッサも搭載されていました。

古典的なAquamarkベンチマークでは、tiborrrと彼のNvidia GeForce 5 FXシリーズカードが一番です。彼の84,069点のスコアは、上記のメモとまったく同じ構成で作成されました。

NVIDIAはうまく「置き換え」ています。私たちが話すように彼らの製品のいくつかを更新します、新製品の中で、Nvidia GeForce 5 FXシリーズはかなり新しいです。私がNVIDIAに最初に5500について尋ねたとき、彼らはまったく驚いたようで、なぜ5500をレビューしているのかと尋ねました。

ちょっと変。ねえ、それは大きな市場であり、NVIDIAはローエンドおよびミッドエンド製品をより多く販売し、最近はハイエンド製品を販売しています。では、どうしてですか?人々は知りたいのです。ですから、本日は、まったく新しい完全にローエンドの製品であるNvidia GeForce 5 FXシリーズをテストします。パフォーマンスに関しては、オーバークロックされたGeForce 5200が少し速いことを期待しています。

この製品は、POV、Point Of View、大きなグラフィックカードの分野でゆっくりと着実に地位を確立しているオランダに本拠を置く会社から発信されました。人々はまた、Bestcomという名前でそれらを知っており、Nvidia GeForce 5 FXを確立しています。 2000年のシリーズブランド名。台湾、中国、香港、フランスに販売チームがあります。このレビューは迅速です。私は数時間前に製品を受け取り、2日以内にオンラインでレビューすることを決定しました。したがって、これは標準の15ページのレビューではありません...いいえ13ページです;)

シンプルさこそが製品の本質であり、それは安価であり、いくつかのゲームをプレイできることに加え、NVIDIAが提供するすべての機能を利用できます。デュアルモニター、卓越したメディア再生、その他の豊富な機能。このNvidia GeForce 5 FXシリーズ製品は、ゲームにはそれほど関心がなく、ゲーム関連ではない最高の機能を望んでいる人のために作られています。 Point Of Viewが提供する機能については、こちらをご覧ください。

次の数ページでは、Nvidia GeForce 5 FXシリーズの高解像度の写真を含むカードについて説明します。次に、一連のベンチマークとオーバークロックセッションを実行します。その後、適切な結論にまとめます。

皆さん、Nvidia GeForce 5 FXシリーズを詳しく見てみましょう。一見したところ、シンプルなデザインのグラフィックスコアはNV34に基づいているため、すべての機能を提供し、実際には完全なDX9 GeForce FX製品であり、ゲームが遅いだけです。機能的には、すべてのGeForce FXモデルは同じで、仕様とパフォーマンスのみにあります。

シネマティックGPUとしてプロファイルされたGPUを中心に作成されています。残忍なパワーと優れた機能セットを組み合わせることで、PCに映画のような視覚効果をもたらすことができます。 CineFX GPUはもちろん、DirectX9 Pixel Shaders 2.0 +、Vertex Shader 2.0 +、OpenGLを利用できます。

それはまだNvidia GeForce 5 FXシリーズとUltraShadowテクニックを持っていますが、ここで新しいものは賢く機能しません。アンチエイリアシングと異方性フィルタリングを忘れてください。このカードはデフォルトのままにします。 8x6と10x7の解像度でも、古いゲームではまともな数が得られ、要求の厳しい新しいゲームはありません。

受け取った5500には、Nvidia GeForce 5 FXシリーズのメモリが搭載されていました。したがって、大量のテクスチャを格納できますが、この製品の256 MBは、私に尋ねると少なすぎます。メモリは素晴らしい400 MHz(2x200)でクロックされ、グラフィックスコアは270 MHzで安定して動作します。

ここで、Nvidia GeForce 5 FX Series0の違いは、小さなコア周波数の増加と64/128ビットメモリバスを見つける必要があります。 5200は、安価な64ビットメモリを備えていることが多く、5500は参照標準で128ビットメモリを処理するため、メモリ帯域幅が2倍になります。 5200コアの速度は、メモリクロックで250 MHzおよび200 MHzでした。

ほとんどの5200は安価な64ビットメモリを使用しています。リファレンスデザインのNvidia GeForce 5 FXシリーズは、128ビットの実効倍増メモリ帯域幅を実現します。

安価なPoint of Viewよりも安価なカードが素晴らしいパッケージを作りました。グラフィックカードの隣に、Nvidia GeForce 5 FXシリーズサイズのドライバー、SVideo /コンポジットケーブル、およびDVIからVGAへのドングルがあります。悪くない。ああ、ドライバーCDにはリビジョン56.55のドライバーがあり、これは本当に最新のものです。

今日自分でグラフィックカードをインストールすることは本当に難しいことではありません。特に、Nvidia GeForce 5 FX Seriesのような、統一されたドライバーセットを使用するブランドでは。本当に新しい製品がある場合は、HDに最新のドライバーがあることを確認してください。

まず、現在のグラフィックスカードドライバーを慎重にアンインストールします。これは、古いグラフィックスが別のチップセットメーカーのものである場合は特に重要です。 PCの電源を切り、電源ケーブルを抜きます。スロットにグラフィックスカードを挿入し、Windowsを起動し、ドライバーのインストールを実行してから再起動します。それで全部です。また、Nvidia GeForce 5 FXシリーズの最新バージョンがインストールされていることも確認してください。

さあ、服を脱ぎましょう!これは、私たちが撮影した一連の写真で製品がどのように見えるかです。あなたが見るすべての画像は著作権で保護されています。それらを使用したりディープリンクしたりしないでください。写真は、Nvidia GeForce 5 FXシリーズで高解像度で撮影され、800x600に縮小されています。画像をクリックすると、その解像度で画像が表示されます。完全な画像は高品質です。つまり、ファイルサイズは100〜150 kBになります。

最近のレビューで忘れられがちな項目は、もちろんマルチメディア/映画の再生です。古いレビューでは; Nvidia GeForce 5 FXシリーズは、デュアルモニターのセットアップとSビデオコネクターを介した映画の再生について話すとき、ATIをよく見る必要があると思いました。

まあ、NVIDIAはNvidia GeForce 5 FXシリーズをリリースして以来、それを実現しました。真剣に、映画の再生/ビデオ出力は、前の世代に比べて大幅に改善されました。私はこれが何がなぜ変わったのか、新しいドライバーがボブを調整して織り交ぜるなどについての話を始めることができます...しかし、基本的にそれは何とか何とか何とか何とか何とかです。

一連の広範なテストに入る前に、オーバークロックについて説明する必要があります。 Nvidia GeForce 5 FXシリーズのほとんどのビデオカードでは、簡単な方法で全体的なパフォーマンスを少し上げることができます。これはビデオカードのオーバークロックと呼ばれ、ビデオカードのメモリとgpuの周波数を上げることで、ビデオカードの計算クロックサイクル/秒を上げることができます。

難しいように聞こえますが、実際には数分以内で実行できます。私はいつも初心者や初心者には、コアとメモリクロックの5〜10%以上の周波数を上げないように勧める傾向があります。例:カードがNvidia GeForce 5 FXシリーズで動作する場合、周波数を330 MHzより高くしないことをお勧めします。


下にスクロールして、Nvidia GeForce 5 FXシリーズドライバーをダウンロードします

関連記事

エプソンドライバ、キャノンドライバ、HPドライバ、 Brother ドライバ、リコードライバー、富士通ドライバー、dellドライバー、samsungドライバー、プリンタドライバ、スキャナドライバ、ドライバダウンロード