2020年4月16日木曜日

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)フルドライバーをダウンロード

...

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)ドライバーのダウンロード. キーボードは、ほ
とんどのNvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)パーツにとって素晴らしいものです。キーは適度に間隔をあけて配置され、わずかに凸状で、静かで、ちょうどいい感じがあります。私は強く押すことに慣れているので、指がバウンドする傾向があり、時々二重の文字を入力することになりますが、それを調整することはできません。

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)フルドライバーをダウンロード

これに役立つNvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)設定ですが、よりアクセシビリティのオプションであり、制限が厳しすぎます)キーボードの幅により、右側に10キーのキーパッドを組み込むことができますが、キーはキーボードの残りの部分と0キーは中央の列に移動して矢印キーに対応しているため、多少の妥協が必要です。ライセンスキーを入力するときのように、数字の大きな文字列を入力しようとするときだけそれは本当に迷惑です。

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)トラックパッドは、大きくて非常に敏感です。マウスボタンはありませんが、パッドの下部はクリック可能で、右隅と左隅がマウスの右ボタンと左ボタンを表しています。

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)ペアのダウンファイアステレオスピーカー。彼らは非常に小さく、ゲームをプレイするときにファンのノイズを圧倒するほど大きな音量にすることはできません。ノイズキャンセリングまたはノイズ分離ヘッドフォンは、ゲームやGPUを駆動するものに必須です。とはいえ、仮想サラウンド効果は驚くほど説得力があります。

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)は昨年の赤のバックライトを青に変更しましたが、これは見た目がやや楽しいと思いますが、青の光のスペクトルが干渉するため、ベッドでの使用のシナリオでは一種のブレーカーです。レム睡眠を達成するあなたの能力を持つ。それは事です、調べてください。

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)バッテリーは、昨年のモデルより約25%容量が多くなっています。 「これは何時間も続く」という数値を付けようとしても、バックグラウンドプロセス、画面の明るさ、それを使って何をしているのか、バッテリーの寿命などの影響を受けるため、私の意見では意味がありません。

正直なところ、このNvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)ラップトップは、バッテリー寿命のために誰も購入していません。 Nvidiaには、ゲーム中のバッテリー寿命を改善するための設定がいくつかありますが、それらはすべてフレームレートスロットリングを伴います。主電源に接続されていない状態でゲームをしたい場合は、ノートパソコンでこの機能の何分の1かでうまく動作するゲームをプレイしている可能性があります。

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)。その解像度は静止画像にも当てはまるので、センサー自体のジオメトリのようです。比較的暗い場所でも問題なく機能します。明るさのゲインが完全に上がっているため、画面のグローは、暗い部屋で使用可能な詳細をキャプチャするのに十分です。

通常の照明のある部屋では、画像は目に見えるものよりも少し暗く、ほとんどのNvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)Webカメラと同様に、色が少し色あせています。また、ほとんどのピンホールカメラと同様に、照明が明るいほど画像が鮮明になり、色がより忠実になります。これは、明るいオフィスや屋外で完全に保守可能です。ステレオマイクは、音声をクリーンでクリアに拾います。

このマシンのNvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)チップは驚くほど高速です。私のインターネットサービスの上限は約25MB /秒で、このWi-FiカードはGOG Galaxyからゲームをダウンロードするときに23MB /秒(ビットではなくバイト)に簡単に達します。ラップトップも有線イーサネット接続用のRJ-45を維持していることを嬉しく思います。何も接続されていないときにスペースを最大化するために巧妙なヒンジ付きポートを使用します。

昨年のモデルとは異なり、クイックアクセスポートはありません。NvidiaGeForce GTX 760M(ノートブック)領域にアクセスする場合は、シェルの底全体を削除する必要があります。幸いなことに、10個のフィリップスネジを外してボトムカバーを外すと、重要なものはすべて手元に届きます。

これは、これまでにないNvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)です。ヒートシンクのフィンとファンは、底面、側面、背面の無数のスリットを通してはっきりと見えます。ファンは私が今まで使ったどのラップトップと同じくらいうるさいですが、悪くはありませんが、ターボボタンを押してオーバークロックプロファイルを開始すると、ファンがクランクアップすると、ジェット機が離陸の準備をしているように聞こえるので、中程度から重いゲームをしている、ノイズ分離またはノイズキャンセリングヘッドフォンはオプションではありません。

Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)ドライブがインストールされています。それは、かなり立派な速度とかなりのパフォーマンスである約1.5Gbpsで終了します。スペースはそれほど大きくありませんが、後で別のカードを取り付けるためのM.2スロットがもう1つあるのは幸いです。 2.5インチドライブ用のベイもありますが、ブラケットとSATAコネクタキットには、Acerがこれをユーザーによる保守が可能な操作とは見なさず、自分で取り付けようとすると保証が無効になる可能性があるという警告が付属しています。


下にスクロールして、Nvidia GeForce GTX 760M(ノートブック)ドライバーをダウンロードします

関連記事

エプソンドライバ、キャノンドライバ、HPドライバ、 Brother ドライバ、リコードライバー、富士通ドライバー、dellドライバー、samsungドライバー、プリンタドライバ、スキャナドライバ、ドライバダウンロード