Fujifilm F200EXR FinePix Camera Firmwareをダウンロードしてください。 シャッター速

度と絞りの両方を設定できるFujifilm F200EXR FinePix手動モードもありますが、同じ2つの絞り設定しか選択できません。

Fujifilm F200EXR FinePix絞りは、ナビゲーションパッドを上下に押すと設定され、シャッタースピードは左右を押すと設定されます。 LCD画面の右下にある単純な水平線は、正しい露出を設定するのに役立ちます。専用のシャッター優先モードはありません。
新しいEXR撮影モードは、F200EXRの最もエキサイティングな見出しをつかむ機能です。 Fujifilm F200EXR FinePixには3つの異なるEXRオプションがあります。解像度優先(HR)モードでは、他のカメラと同様に、12メガピクセルすべてを使用して最高解像度の画像をキャプチャします。
高ISO&低ノイズ(SN)モードは、隣接するピクセルを組み合わせて大きなフォトダイオードを作成し、低光量の品質を向上させます。6メガピクセルの画像を生成し、Fujifilm F200EXR FinePixの暗いシーンを最小限のノイズで可能な限り明るく詳細にします。
D範囲優先(DR)モードは、異なる露出で2つの画像を同時に取得し、それらを組み合わせて、ダイナミックレンジが最大(最大800%)の単一の6メガピクセル画像を生成し、シャドウおよびFujifilm F200EXR FinePixハイライト領域の詳細を維持しますそうでなければ失われます。
Fujifilm F200EXR FinePixの3つのモードを決定できない場合、EXR Autoは現在のシーンに適したモードを自動的に選択します。実際には、EXR Autoは私が個人的に選択したモードの約90%を選択していたので、F200EXRをこの設定のままにしても安全で、EXRモードを変更し続ける必要はありません。
Fujifilm F200EXR FinePixのさまざまなEXRモードを使用した結果は、[画質]ページで確認できます。解像度優先(HR)モードと高ISO&低ノイズ(SN)モードのISO速度を並べて比較します。各EXRモードを使用して撮影された2つの例と、元のフルサイズ画像へのリンク、100%クロップとヒストグラム、および各%レベルでD範囲優先度(DR)モードを使用して撮影された例と、元のフルサイズの画像とヒストグラムへのリンク。
カメラを高ISOおよび低ノイズのFujifilm F200EXR FinePixモードに設定すると、同等の設定でノイズの少ない画像が生成されますが、画像解像度は6メガピクセルに低下し、範囲は100〜1600にすぎません。2つのモードの違いを正直に言うと私たちが期待していたほど発音されていません。
富士フイルムF200EXR FinePix D範囲優先(DR)モードははるかに成功し、解像度優先(HR)モードで撮影したものよりも著しくダイナミックレンジの高い画像が得られ、他のコンパクトカメラをはるかに上回っています。ハイライト領域とシャドウ領域の両方でディテールを保持する画像を撮影する場合は、このモードとこのカメラが最適です。
自然光モードでは、被写体の富士フイルムF200EXR FinePixの動きをより効果的にフリーズするためにF200EXRに高速シャッター速度を選択させ、フラッシュを使わずに高速ISO速度を設定すると、より自然な結果が得られます。
これは、たとえば、屋内で子供たちの写真を撮る効果的な自動方法です。自然光とフラッシュはもう少し刺激的です。選択すると、カメラは即座にFujifilm F200EXR FinePixで2枚の写真を撮影します。
カメラの上部にあるFujifilm F200EXR FinePix赤外線ポートを使用すると、高速IR機能を備えた別のFujifilmカメラまたはデバイスと画像(動画ではない)を送受信できます。伝送距離は20度の角度内で5-20cmです。カメラが画像を圧縮するため、送信に時​​間がかかりすぎないことに注意してください。
カメラの後部にあるFujifilm F200EXR FinePixのもう1つの注目すべき変更は、わずかに大きい3インチLCD画面です。これはF100fdの2.7インチ画面への優れたアップグレードですが、まだ十分な230,000ドットしかありません。
LCDモニターは、Fujifilm F200EXR FinePixが指紋を表示する傾向がある光沢のある仕上げになりました。また、わずかに引っ込んでいるため、傷が少なくなります。 Finepix F200EXRには光学ビューファインダーがありません。そのため、モニターで画像をはっきりと見るのが困難な場合、非常に明るい日光の下で数分間の欲求不満につながります。全体的に3インチの大型LCDスクリーンがあるにもかかわらず、カメラボディは全体的に非常によくデザインされており、すっきりしています。
顔検出機能には、ナビゲーションパッドの下にある専用ボタンからアクセスできます。このFujifilm F200EXR FinePix機能は、適切な状況でうまく機能する歓迎すべき機能です。被写体が適度な距離で静止しているポーズのグループショットに最適ですが、被写体の動きが速い場合や、頭が横を向いたり逆さまになっていたりする場合にも有効です。
動きの追跡により、カメラは被写体から離れるまで被写体に「ロック」されたままになります。
Fujifilm FinePix F200EXRのフラッシュ設定は、自動、強制フラッシュ、抑制フラッシュ、スローシンクロ、赤目軽減オート、赤目軽減&強制フラッシュ、赤目軽減&スローシンクロです。これらの白い壁のショットは、1.5mの距離で撮影されました。
Fujifilm FinePix F200EXRの最大シャッタースピードはマニュアルモードで8秒です。これは、夜の写真に真剣に興味がある場合はかなり良いニュースです。以下のショットは、ISO 100で8秒のシャッタースピードを使用して撮影されました。品質を確認するために、画像の100%の切り抜きを含めました。
富士フイルムのFinePix F200EXRには、他のデジタルカメラよりも遅いシャッタースピードでシャープな写真を撮ることができる防振機構があります。これをテストするために、同じ設定で同じ被写体の2つのハンドヘルドショットを撮りました。
Fujifilm F200EXR FinePixの最初のショットはアンチシェイクをオフにして撮影し、2番目のショットはオンにして撮影しました。以下は、結果を示すために画像を100%トリミングしたものです。
ご覧のとおり、手ぶれ補正をオフにした場合、Fujifilm F200EXR FinePixはオンになっています。この機能は実際に違いをもたらすようであり、成功した鋭いショットをキャプチャするか、機会を完全に逃すことを意味する可能性があります。
これは、すべて12メガピクセルのFine JPEG設定を使用して撮影された、Fujifilm FinePix F200EXRカメラからのサンプル画像のFujifilm F200EXR FinePixセレクションです。以下のサムネイルは、フルサイズバージョンにリンクしています。
メガピクセル数が増え続けている、デジタルのように見えるデジタルFujifilm F200EXR FinePixカメラの世界では、Fujifilm FinePix F200EXRはまさに新鮮な空気の息吹です。最高品質の写真をカメラから直接取り出したい場合でも、F200EXRが最適です。
富士フイルムF200EXR FinePixの新しいEXRモードは、原理的には革命的であるのと同じくらい実際に効果的です。特にD範囲優先(DR)モードは文字通り本当の目を覚まし、F200EXR独自の高解像度モードや他のコンパクトカメラよりもはるかに大きなダイナミックレンジを記録し、シャドウとハイライトの詳細を維持しますこれまでに確認しました。
EXR-高ISOおよび低ノイズモードは、解像度優先モードよりも同等の各設定でわずかにノイズの少ないFujifilm F200EXR FinePix画像を生成しますが、これはISO 100-800からの後者のモードの優れた結果によって多少緩和されます。ほとんどのコンパクトが提供するよりも用途が広く、使用可能な範囲。
基本的に、Fujifilm FinePix F200EXRは、最も頻繁に使用するISO速度で比較的ノイズの少ない高解像度の写真を撮り、さらに、Fujifilm F200EXR FinePixのダイナミックレンジが小さい6メガピクセルの画像の追加のボーナスを獲得します。異なるモードを選択できない場合でも、カメラは、遭遇するほとんどすべての状況に適したモードを選択するという優れた機能を果たします。
Fujifilm Finepix F200EXRは、以前のF100fdモデルに大きく基づいており、同じボディ、多用途の28-140mm 5倍ズームレンズ、非常によく似たコントロールレイアウトを提供します。ありがたいことに、Fujifilmは、Fシリーズカメラを本格的な写真家にとって魅力的なものにする重要な機能、つまり、カメラの動作をより細かく制御できるA / Mクリエイティブな撮影モードを復活させました。
これはFujifilm F200EXR FinePixの大歓迎のステップですが、シャッター優先モードがなく、2つの可能な絞り設定しか提供されていないため、口に少し苦い味が残ります。
Fujifilm F200EXR FinePixは、撮影モードまたは再生モードのいずれかでヒストグラムが長期間存在しないこと、およびブラケットオプションも重要であり、多くの買い手はRAWモードがないことで即座に先送りになります。 EXRとRAWの潜在的な組み合わせは確かに美味しく、将来の富士フイルムカメラで見たいものです。
ただし、現時点では、Fujifilm FinePix F200EXRは、低ノイズと驚異的なダイナミックレンジを備えた素晴らしいカメラ外のJPEG画像を生成します。確かに、見返りは物理的にはFujifilm F200EXR FinePixより小さな画像の場合もありますが、写真のすべての領域で文字通りより細かい詳細を確認したい場合は、本で支払う価値のある価格です。
富士フイルムは、F30およびF31fdモデルで非常に多くのファンを獲得しました。これらのモデルは、競合他社よりも少ないピクセルを含むFujifilm F200EXR FinePixセンサーを平均よりわずかに大きくし、巧妙な画像処理を組み合わせて、これまでに見たことのない最高の高ISO画像を生成しました。コンパクトカメラ。実際、3年後、太陽が沈むと、より良い仕事をすると考えられるコンパクトはほとんどありません。
低光量の写真のニーズに合わせてリップサービスをプレイしている間(そして、その処理によって同時代の人よりもわずかに優れているカメラを生産し続けている間)、富士フイルムはF30が開拓した方向にさらに前進するようには見えませんでした。
下にスクロールしてFujifilm F200EXR FinePixカメラのファームウェアをダウンロードします