Fujifilm F480 FinePix Camera Firmwareをダウンロードしてください。 純粋にポイントア

ンドシュートモデルとして、これはスナップショットのみのカメラです。メーターやFujifilm F480 FinePixの画像パラメーターを制御することはできません。 ISO感度を設定して露出補正を使用する場合でも、特定のシーンモードを使用する必要があります。

厚さ0.9インチのスリムで頑丈なカメラボディは、安全に持ち運びが簡単です。さらに、Fujifilm F480 FinePix広角レンズは、狭い場所での撮影に適しているので、このコンパクトさは、請求書に快適にフィットします。ソーシャルデジタルカメラ。
Fuji Finepix F480には、230,000ピクセルで構成される2.7インチの大型LCDディスプレイが搭載されています。FujifilmF480 FinePixディスプレイは、上向きの矢印を押すと瞬間的に明るくなります。幸い、F480のディスプレイの視認性は、この超ほとんどのように、コンパクトには他のビューファインダーがありません。
それを包むシャッターとズームコントロールはかなり標準的です。どちらも非常に反応がよく、しっかりと感じます。富士フイルムF480 FinePixカメラのボディも頑丈な感じがしますが、[OK]ボタンのような一部のボタンは、安くて反応が鈍く、粘着性があるように感じます。バッテリーとメモリのドアでさえ、平均よりも優れています。ただし、バッテリーの脱落を防止する小さなラッチは本当に薄っぺらに見えます。
体の人間工学はまともです。非常にコンパクトなフォームファクターと比較的大きなLCDを考えると、F480はFujifilm F480 FinePixを持ちやすく快適ではありません。カメラの前面をつかむものはほとんどなく、背面には、モードダイヤルまたはLCDを重ねない限り、親指を置く場所がありません。
富士フイルムF480 FinePixの方が悪いのを見てきましたが、Fuji F470やF10モデルを含めて良く見ています。富士は、セキュリティのために中品質のリストストラップを提供しています。モードダイヤルと4方向コントローラは簡単にアクセスでき、後者は意図せずに使用される傾向があります。
Fuji Finepix F480の4方向コントローラは、撮影モードのときに一部の機能をアクティブにします。アップはLCDを数秒間明るくし、右はフラッシュモードを循環し、ダウンは2秒または10秒のセルフタイマーをアクティブにし、左はマクロモードを切り替えます。また、再生モードに入るため、およびLCDに表示される情報を変更するための専用の押しボタンもあります。これらの機能をすべて使用するのは非常に簡単です。
メニューシステムには2つのレベルがあります。撮影メニューと呼ばれるFujifilm F480 FinePixの最初のレベルは魅力的で、カメラのモードに応じてさまざまな数のアイテムで構成されています。 2番目のレベルはSet-Upと呼ばれ、常に同じオプションを表示する非常に穏やかなタブ付きメニューです。どちらもナビゲートが簡単です。
残念ながら、Fujifilm F480 FinePixをほとんど使用しないカメラの場合、F480のインターフェースの一部は驚くほど複雑です。主な問題は、機能のアクセシビリティと、それらがモードダイヤルとどのように相互作用するかです。自動モードでは、撮影メニューに3つのオプション(ISO、品質、連続)が表示されます。
Fujifilm F480 FinePixもあり、セットアップメニューにアクセスするための常に表示される追加項目もあります。このモードでは、露出補正とホワイトバランスのオプションはどこにもありませんが、ISOオプションは表示されますが、自動以外のオプションは表示されません。手動シーンモードでは、ECとWBのオプションが表示され、ISOオプションは、オートを含むカメラの使用可能なISO感度を表示します。他のシーンモードに応じて選択肢が1つしかないのに、一部のオプションが表示されなくなるのはなぜでしょうか。
赤目モードでは、フラッシュモードが赤目またはスローシンク赤目に限定されるだけでなく、メニューシステムからFujifilm F480 FinePix連続オプションが消えます。 SPモードでは、最初のレベルのメニューには、シーン位置と呼ばれる追加のオプションがあります。シーンモード選択画面を表示します。
また、セットアップメニューでデジタルズームが無効になっている場合でも、固定3Xデジタルズームを使用するデジタルズームモードもあります。このモードでは、ズームインジケータバーの色がFujifilm F480 FinePixで反転し、通常のズーム範囲は青く塗られ、デジタルズーム範囲は透明に塗られます。デジタルズームモードを元に戻さないようにすると、青い範囲にアクセスできなくなります。ムービーモードでは、最初のレベルのメニューにはオプションが表示されません。
全体として、Fuji Finepix F480を使用することは、使用する機能がそれほど多くないため、それほど難しくありません。最良の方法は、手動シーンモードを使用してカメラをSPモードに保つことです。このFujifilm F480 FinePix構成では、F480のほぼすべての機能に簡単にアクセスできます。最も重要なのは、これがISO、ホワイトバランス、露出補正を制御する唯一の方法です。
Fuji Finepix F480は、低コストのポイントアンドシュートカメラであり、優れた画質、ほぼ妥当な速度、そして珍しいFujifilm F480 FinePix広角レンズを備えています。その機能は非常に制限されており、そのインターフェースはやや複雑ですが、超小型の場合は比較的うまく機能します。その非常に低価格を考えると、F480は良い値です。
F480のポイントは、まさに手頃な広角レンズです。このデジタルカメラを購入することは、写真の操作をあきらめることを意味します。
時計塔の写真には、暗い領域に富士フイルムF480 FinePixのディテールがいくつかあります。EV調整のない他の写真は、露出オーバーになる傾向があります。光量の多い日はよりカラフルな写真になりますが、最適な露出設定を得るのは簡単ではありません。広角では紫のフリンジが目立ちますが、4倍光学ズーム写真ではほとんど見られません。
Fujifilm F480 FinePixの写真では、ケラレは気づかれませんでした。露出補正を使用して、背景が明るい画像(空など)を露出アンダーにすると便利です。自動設定は簡単に誤解されるため(フルズームで確認できるように)、ホワイトバランスプリセットを選択すると便利です。 *晴れた日に再撮影します。
レンズのノイズとズーム:Fujifilm F480 FinePixレンズは、動作中は比較的静かです。デジタルズームのモードダイヤルには専用の記号があり、これを選択すると、最大光学式に変わり、コントロールリングでさらにズームできます。セットアップメニューからデジタルズームを有効にすることもでき、光学ズームの制限に達したときに動作します。
画質の問題:紫のフリンジは、Fujifilm F480 FinePixが高コントラストの領域で広角で発音したものです。広角設定ではバレルはわずかです。
マクロ:マクロモードでは、被写体から約5cmの広角でFujifilm F480 FinePixになります。
カスタムホワイトバランスはありませんが、Fujifilm F480 FinePixが手動モードでプリセットの1つを選択すると、一貫した結果が得られます。この写真ではノイズが低く見え、ディテールと色が非常に良く、レビューされた他のカメラとよく比較されます。
ビデオモード:Fujifilm F480 FinePixカメラは、低解像度AVI-音声付き30 fpsの320 x 240ビデオモードを備えています。ビデオ品質は妥当であり、これは多くのメモリを使用しません-1Gb SDカードは約28分を記録し、電子メールに最適です。ズームは事前設定されている場合がありますが、録画中は機能しません。
このFujifilm F480 FinePixカメラは素晴らしい写真を撮ります。最良の結果を得ることは、本来あるべきほど簡単ではありません。プリセットシーンモードでは、露出オーバーの画像が生成されました。広角でのパープルフリンジは、私がレビューした他のカメラよりも悪いですが、A4より大きい拡大を除いて、気付かれないでしょう。
自動W / Bの場合、屋内と屋外のいくつかのショットで、カメラがFujifilm F480 FinePixの不適切な設定を使用する原因になります。それ以外の場合、色は適度に本物そっくりであるように見え、露出オーバーと、このレビューの準備中に発生した灰色の天気を考慮に入れます。
非常に広範囲の状況で、Fujifilm F480 FinePixカメラは、A4 +プリントに十分に精細なシャープな写真を撮ります。それは一般的に有能で、暗い場所でもフォーカシングが高速でした。 ISO 400および800は予想よりも優れていますが、暗い領域のノイズは許容できない場合があるため、注意して使用する必要があります。
Fujifilm F480 FinePixカメラは頑丈でコンパクトで、ポケットやハンドバッグに入れておくのに適しています。手動設定よりも望ましいかどうかは議論の余地がありますが、プリセットの良い選択があります。画面サイズと解像度は2.7インチ、230,000ピクセルと良好で、ビルド品質は非常に優れています。
富士フイルムF480 FinePixflashは、室内のショットに適切な露出を与えるために追加の光を提供するという優れた働きをしました。使用していないときにカメラを保護するためのポーチ/財布のような革もあります。バッテリーの寿命は、他のコンパクトと比較して期待外れであり、1回の充電で100ショット未満でした。ビデオモードは、サウンド付きで320 x 240、30 fpsで妥当であり、他のフォーマットと同じ程度にメモリを消費しません。
Fujifim F480は興味深いですが、印象的ではない8.2メガピクセルの広角デジタルカメラです。それは確かに有能な小さなカメラですが、最良の結果を達成するにはある程度の忍耐が必要です。自動設定は予測できない場合があるため、これは限られた手動オプションで制御できる場合に発生する可能性があります。広角コンパクトが必要な場合、この価格ではF480を打ち負かすことはできません。
自動記録モードは、単純な「ポイントアンドシュート」モードです。上部のアイコンの線は、カメラの設定を示します。カメラは「自動」モードで、バッテリーレベルはフル(3/3)です。「8M」は8メガピクセルの画像解像度を表し、「F」は微圧縮を示し、「111」は残りのフレーム数です。
自動記録モードは、単純な「ポイントアンドシュート」モードです。上部のアイコンの線は、カメラの設定を示します。カメラは「自動」モードで、バッテリーレベルはフル(3/3)です。「8M」は8メガピクセルの画像解像度を表し、「F」は微圧縮を示し、「111」は残りのフレーム数です。
画像安定化モードでは、Fujifilm F480 FinePixcameraはISO感度(ISO 800まで)を向上させ、高速シャッタースピードを使用できるようにします。
カメラのモードは、カメラの背面にあるロータリーダイヤルで選択します。ダイヤルを回すと、新しいモードが画面に表示され、簡単に説明されます。
下にスクロールしてFujifilm F480 FinePixカメラのファームウェアをダウンロードします