Fujifilm F900EXR FinePix Camera Firmwareをダウンロードしてください。 Fujifilmは、こ

のFujifilm F900EXR FinePixカメラカメラで遊ぶための多くを提供します。そのため、メニューシステムとすべてがどこにあるかを学ぶには時間がかかる場合があります。使用しているモードも、使用しているモードによって異なります。富士フイルムのカメラマニュアルには、さまざまな撮影モードで利用できるすべての機能のリストが含まれています。

Fujifilm F900EXR FinePix Camera Firmware Full Driversをダウンロード
重要な設定にすばやくアクセスできるように、上部にFujifilm F900EXR FinePixカメラのプログラム可能な機能ボタン(Fn)があります。 ISO、画像サイズまたは品質、ダイナミックレンジ、フィルムシミュレーション、露出測定、フォーカスモード、または顔検出用に設定できます。
F900EXRの上部にあるFnボタンを組み合わせると、背面にE-Fnボタンがあり、基本的には背面のボタンを2番目の機能セットにマッピングできます。フォーカスモードやホワイトバランスをすばやく変更したいですか? E-Fnボタンはそれを行うためのものです。ショットにぴったりの設定を実際に見つけたい人にとって、それは素晴らしい設定です。
少しがっかりしたのは、ちょっとしたFujifilm F900EXR FinePix Cameraがポップアップフラッシュだということです。うまく動作しますが、手動フラッシュなので、必要に応じて手動でポップアップする必要があります。さらに、角度を付けて戻すことができるという事実にもかかわらず、その位置では発砲しないため、バウンスフラッシュとして使用できません。
しかし、おそらくもっとがっかりするのはバッテリーの寿命です。定格は260ショットですが、最速のパフォーマンス、ズームを頻繁に使用する、フルHDまたは高速の動画を頻繁に記録する、または連続撮影モードを使用すると、空に速くなります。また、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraカメラの内蔵Wi-Fiを利用する場合、そのマークに到達することを期待しないでください。利点として、そのバッテリーパックはかなり安価ですので、ご自分でお願いし、予備のバッテリーを2、3個手に入れてください。
カメラからAndroidまたはiOSモバイルデバイスに直接(一度に30枚まで)ショットを送信する。基本的に、スマートフォンまたはタブレットにコピーするカメラで写真を選択し、そのデバイスでFujifilmのカメラアプリを開き、画面上のFujifilm F900EXR FinePix Camera Connectボタンをタップします。運が良ければ、2つは直接接続されますお互いに、画像の送信を開始します。
カメラに接続し、スマートフォンまたはタブレットを使用してカメラのコンテンツを閲覧することもできます。その方法で写真を選択して転送することもできます。
スマートフォンへのWi-Fi接続を使用して、撮影中に写真にジオタグを付けることができます。また、Fujifilmデスクトップソフトウェアを使用すると、カメラを使用してホームワイヤレスネットワークに接続し、カメラで自動的にショットをWindowsコンピューターにバックアップできます。
F900EXRの撮影モードには、セミマニュアルコントロールとマニュアルコントロールまでの2つのオートモード(シーン認識ありまたはなし)が含まれています。手動モードでは、使用可能なシャッタースピードは8秒から始まり、1 / 2,000秒まで下がります(ただし、使用するISOに依存します)。選択可能な絞りには、ワイド端のf3.5、f7.1、およびf10、望遠端のf5.3、f11、およびf16があります。
Fujifilm F900EXR FinePix Cameraシーン認識オート(Auto EXR)は、108の異なる撮影パターンを検出できるようになり、FujifilmのEXRオプションが含まれています。これらは、高解像度優先度、D範囲優先度、高感度および低ノイズ優先度で構成されます。
Fujifilm F900EXR FinePix Camera High Resolution Priority設定は、写真にフル16メガピクセルの解像度を使用し、他の2つは8メガピクセルで撮影して、高コントラストシーンのダイナミックレンジを改善するか、薄暗い写真のノイズを減らします。 (興味がある場合は、富士フイルムのサイトにEXRテクノロジーの詳しい説明があります。)
これらのFujifilm F900EXR FinePixカメラは個別に選択することも、Autoのままにして、カメラにどちらを使用するかを決定させることもできます。 Dレンジモードと高ISOおよび低ノイズ優先モードがショットに使用されている場合、8メガピクセルの写真になる可能性があれば、オートは効果的で信頼性が高くなります(そして、 8メガピクセルは、メガズームのポイントアンドシュートに十分な解像度です。
Fujifilm F900EXR FinePix Camera Advancedモードは、カメラの高速センサーを活用するためのいくつかのツール、Pro Low-lightとPro Focusを提供します。ローライトモードは複数の写真を切り取り、それらを1つの低ノイズ写真に結合します。一方、プロフォーカスは背景をデジタルでぼかして浅い被写界深度を作成します。 (前者は後者よりもうまく機能します。)
このモードには、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraのクールな多重露光オプションがあり、1つのショットを別のショットの上に重ねることができます。また、8つの高度なフィルター(おもちゃ、ミニチュア、ポップカラー、ダイナミックトーン、パーシャルカラー、ハイキー、ローキー、ソフトフォーカス)。これらの例は、レビューの写真品質セクションのスライドショーで確認できます。
ビデオの場合、720pまたは1080pの解像度で60fps、VGAで30fpsで撮影できます。
高い信号対雑音比(SNR)は、Fujifilm F900EXR FinePixカメラクリーナーとより良い品質の画像を示します。
テストFujifilm F900EXR FinePix Cameraのデータを解釈する方法の詳細については、ノイズおよびダイナミックレンジテストの完全な説明を確認してください。
このグラフからわかるように、Fuji F900のJPEG画像には、すべての感度設定でNikon P330からのJPEGよりも信号対雑音比が低く、ISO 6400を除くすべての感度でCanon S110よりも弱くなっています。FujifilmF900EXR FinePixカメラJPEGには、 Fuji F800と同様のS / N比。F900はISO 100と6400でわずかに強くなり、ISO 400ではほとんど同じで、他の感度ではやや弱くなります。
Fuji F900のTIFF画像(rawからの変換後)も、Fuji F800ほど印象的ではありません。2つのカメラのTIFFがほぼ同じように動作するISO 3200を除き、すべての感度で信号対ノイズ比が低くなります。
Fuji F900のTIFFには、すべての感度設定で、Canon S110よりも弱い信号対雑音比が含まれています。 Fuji F900のTIFFは、ISO 100-400ではNikon P330のTIFFよりも強い比率を示していますが、ISO 800-3200ではNikonのTIFFがより強くなっています。
繰り返しになりますが、Fuji F900のJPEGはグループの中で最も印象的ではなく、ISO 100、6400、12800を除くすべての感度で、Fuji F800のJPEGよりも動的なFujifilm F900EXR FinePixカメラの範囲が大幅に小さくなっています。 ISO 100を除くすべての感度設定で、Canon S110およびNikon P330のJPEGよりも優れています。
このFujifilm F900EXR FinePix Cameraチャートは、Fuji F900からのTIFF画像(rawからの変換後)がISO 100-400でFuji F800およびNikon P330のTIFFより広いダイナミックレンジを含んでいるが、ISO 800-3200では弱いことを示しています。同様に、Fuji F900のTIFFは、ISO 100-200でCanon S110のダイナミックレンジよりわずかに強いダイナミックレンジを持っていますが、ISO 400以上では弱いです。
このようなショットは、Fuji F900 EXRの小さなセンサーの制限を明らかにします。草が地平線まで伸びると、ISO 100の最小感度でも、ディテールは徐々に富士フイルムF900EXR FinePixカメラになじみ、塗装されます。
コンパクトカメラの悪夢ですが、Fuji F900 EXRはかなりうまく対応しています。 ISO 3200でも1/12秒の遅いシャッタースピードが必要でしたが、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraカメラの画像安定化システムはモーションブラーを防ぎました。
これは、Fujifilm F900EXR FinePixカメラのカメラのオートフォーカスがうまくいかず、前景の緑が欠けていて、代わりにパスをターゲットに設定するまれな状況です。
20倍の光学ズーム範囲では不十分な場合、Fujiのインテリジェントデジタルズームはこれを2倍にします。少なくとも、このショットでは、Fujifilm F900EXR FinePixカメラのディテールが十分に維持されています。
Fujifilm F900EXR FinePixカメラカメラのセンサーは、このシーンの浅い被写界深度からの対照的な背景のボケ味のぼやけによって助けられて、細部のバッグを抽出することができます。
最大20倍のズーム範囲では、このような小さなカメラが何を選択できるかは驚くべきことです。このシーンは、広角ショットではほとんど見えません。
ISO 500で屋内で撮影された画像のノイズは控えめに抑えられており、ビールマットの一部がそれほど鮮明でない場合でも、写真は非常にきれいに見えます。
このFujifilm F900EXR FinePixカメラセンサーの詳細のもう1つの例は、特に5cmの最小マクロ焦点距離で解像できます。
この明るく晴れた日は、カメラのLCD画面の明るさを実際にテストし、木目とわずかなFujifilm F900EXR FinePix Cameraのアーティファクトを判断すると、センサーも苦労していました。
このパノラマへの明らかな結合はありませんが、1080ピクセルのサイズ変更された高さと120、180、または360度のパン幅を強制すると、機能の魅力が制限されます。
富士の「プロフォーカス」効果の例を次に示します。これは、背景をぼかしてショットにDSLRのような品質を与えます。ここでそれは妥当な仕事をしましたが、わずかなカメラの振れが被写体のシャープネスから縁を取り除きました。
ここでのFujifilm F900EXR FinePixカメラカメラのパーシャルカラー効果は、赤の色相のみを抽出し、残りの色調は単色に設定されています。色のコントラストが高い領域ではこれは見栄えがよくなりますが、この効果はより微妙な色の境界に対処できません。
Fujifilm FinePix F900EXRは、20倍ズームの組み込み可能なWi-Fiを備えたコンパクトなスーパーズームであり、「世界最速のAF」と富士フィルムが主張するものを提供します。 F900は、位相検出AFテクノロジーとセンサーシフト画像安定化機能を備えた16MP EXR-CMOS IIセンサーを使用しています。
他のFujifilm F900EXR FinePixカメラの点でF800EXRのほぼ同一のツインは、同じ25-500mmの同等のレンズを提供し、1080p映画、P、A、S、M撮影モードをキャプチャし、無料でファイルをワイヤレス転送する機能 ‘ AndroidおよびiOSデバイス用のFujifilm Camera Application ‘アプリ。
下にスクロールして、Fujifilm F900EXR FinePixカメラのファームウェアをダウンロードします