Fujifilm F40fd FinePix Camera Firmware Full Driversをダウンロード

Fujifilm F40fd FinePix Camera Firmwareをダウンロードしてください。 取り扱いに関しては、Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェアには.
通常のトッププレートシャッターボタンの配列と、わずかに凹んだオン/オフボタンを備えた周囲のズームレベルがあります。

F40 * fd *の自動ホワイトバランス設定は、本来あるべきほど万能ではありません。 調整する前に色温度を判断する必要があるため.

プリセットモードほどのパフォーマンスは得られません。 その判断は損なわれているようです。

Fujifilm F40 * fd *には、ファイン(昼光)、シェード、蛍光灯1(昼光)、蛍光灯2(ウォームホワイト)、蛍光灯3(クールホワイト)、白熱灯の6つのホワイトバランスプリセットがあります。

このFinePixは、白熱プリセットで撮影する場合は特に弱くなります。これは、スタジオの写真の多くがこの照明で撮影されたため、残念なことです。

フラッシュが発光したときも、カメラはうまく機能しませんでした。おそらく、フラッシュのホワイトバランスが事前設定されていないためです。

Fujifilm F40 * fd *は蛍光灯の下で強力ですが、ユーザーは3つの蛍光灯の設定の違いを学ぶ必要があります。

バックプレートコントロールには、自動設定、640 x 480ピクセルのビデオキャプチャ、そして本当にシンプルなプログラムAEモードである.

「手動」キャプチャモードを含むさまざまな撮影モードにアクセスするための小さなモードダイヤルが含まれています:

あなたFujifilm F40fd FinePixカメラファームウェアはシャッタースピードも絞りも制御できず、露出補正オプションもありません。

ここで少しおまけとして得られるのは、デュアルストレージ、または富士フイルムF40fd FinePixカメラファームウェアのSD / MMC、xDピクチャーカード.

25MBの内部ストレージの両方を備えたトリプルストレージオプションです。これは富士にとって少し変更です。

これは、オリンパスとともに、xDストレージシステムのパイオニアです。

フラッシュ付きの自然光FujifilmF40fd FinePixカメラファームウェアモードでは、最初にフラッシュなしの自然光を使用して2番目の画像をキャプチャし.

2番目の画像をフラッシュ付きでキャプチャできます。画像安定化モードは、ISO2000の最高設定に対する感度を高めます。

その他のコントロールには、「F」ボタンがFinePixメニューを表示し、Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェア管理の4つの設定を提供します。

これは、F40fd、ISO選択、画質、および標準を含むカラーモードで優れていると言わなければなりません。

白黒および「クローム」モード。後者は、ブーストされたスライドフィルムのような結果を提供します。

スタジオの明るい光の中で、Fujifilm FinePix F40 * fd *は、状況に対して高すぎるISO400設定を自動的に選択しました。 この失敗により、全体的な自動ISOノイズスコアは1.89という期待外れになりました。 これは、F31 * fd *の4.29、F10の3.22、およびF30の信じられないほどの11.44スコアよりも悪いです。

FujiのFシリーズは、通常、この分野で非常に優れたパフォーマンスを発揮します。 FinePix F40 * fd *がそれ自体を保持できるかどうかを確認するために、最適な照明でカラーチャートを撮影し、各ISO設定でのノイズレベルを分析しました。 F40 * fd *には、下のグラフの横軸に示されている堅牢な100〜1600の手動ISO範囲があります。 縦軸には、ノイズに負けた画像の割合が表示されます。

隣接する再生ボタンは

ちなみに、Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェアの再生時にカメラのオンとオフを切り替えるために使用できますが.

ズームレンズをアクティブにすることはありません。ディスプレイボタンとインテリジェント顔認識ボタンが結合されています。

Fujifilm F40fd FinePix Camera Firmware前者は表示オプション(フレーミンググリッド、撮影/設定情報のオンとオフ.

または画像のみの表示を含む)を切り替え、後者は名前が示すように顔AFシステムをアクティブにします。

カメラの4方向制御により、フラッシュアクティベーション、マクロフォーカス設定、セルフタイマー、削除オプションが可能になり.

Fujifilm F40fdFinePixカメラファームウェアのすっきりとしたメニューシステムを起動する中央のメニュー/ OKボタンが加わります。

カメラはすっきりと手にぴったりとフィットし、右顔の急降下するスタイリングのアクセントがグリップを助け、残りのコントロールは指にきちんと落ちます。

全体的に、画質は解像度に適しています。特に、ノイズがISO800まで十分に制御されたFujifilmF40fd FinePixカメラファームウェアで.

高感度の画像ノイズ処理のおかげで細部が適切に保持されている高ISOショットに重点が置かれています。

ホワイトバランスは、一部の混合屋内照明を除いてすべて優れています。演色性は、一言で言えば、Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェアが正確であり.

レンズのワイドエンドに軽度のパープルフリンジの問題とわずかなバレル歪みがありますが、F40fdは同じように達成されています今日の市場に出回っている8メガピクセルモデル。

F40fdで提供されるFujifilmF40fd FinePixカメラファームウェアの追加解像度は、より良いマーケティング提案になる可能性がありますが.

低解像度のFujiの対応物よりもノイズの点でいくつかの追加の問題があり、低ISOで詳しく見るといくつかのわずかなシャドウノイズの問題があります。

最終的にはFujifilmF40fd FinePixカメラファームウェアですが、Fuji F40fdは、特に同様の非Fuji競合製品と比較して、驚くべき結果をもたらします。

だから、価格のために富士FinePixF40fdは少しコーカーです。

FujifilmのFinePixF40fdは、Fシリーズのデジカメのトップモデルであり、SDとxDの両方のメモリカードをサポートする最初のモデルの1つです。

Fujifilm F40fd FinePix Camera Firmware クセルのイメージセン

同社の第6世代のFujifilm F40fdFinePixカメラファームウェアSuperCCD HRテクノロジーの恩恵を受け.

画像安定化と自然光の2つの撮影モードで最大2000のISO設定を提供します。 「fd」タグは、FinePixS6500fdで最初に登場した「顔検出」フォーカスおよび露出制御を指します。

Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェア画像安定化モードは、感度ブースト機能にすぎません。これにより、シャッター速度を速くして.

ぼやけたショットを防ぐことができます。薄暗い照明では、フラッシュはこのモードで使用できますが.

遅いシャッター同期では使用できません。フラッシュはナチュラルライトモードでは使用できません。どちらの設定もオートフォーカス撮影用です。

「インテリジェントな顔検出」機能は、専用ボタンを押すことでFujifilm F40fd FinePixカメラファームウェアをアクティブ化(およびオフ)します。

シーン内の最大10の顔を選択し、露出、フォーカス、フラッシュを調整して最適な結果を提供できると主張しています。

Fujifilm F40fd FinePix Camera Firmwareが検出された面が片方だけの場合、ピントがシャープになるように設定されます。

複数の顔の場合、フォーカスの優先順位はフレームの中心に最も近い顔にあります。

ピントが合わないときは、顔検出機能をオフにして、通常のAF / AEコントロールを使用してください。

センサーはFujifilmF40fd FinePix Camera Firmwareで、36〜108mm(35mmフォーマット相当)の画角をカバーするかなり標準的な3倍光学ズームレンズと提携しています。

Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェアには、「インテリジェント」フラッシュ(「i-Flash」と呼ばれる)が搭載されています。

これは、被写体のサイズとフレーム内の位置、周囲光、逆光の強度を使用して、ショットのフラッシュ強度を計算します。

適度に高解像度(230,000ピクセル)の2.5インチLCDは、背面パネルの大部分をカバーします。ファインダーはありません。

また、背面パネルには、モードダイヤル、矢印パッドFujifilm F40fd FinePixカメラファームウェア、再生、機能アクセス、表示.

顔検出用のボタンを含むメインカメラコントロールがあります。

Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェアモードダイヤルには、自動、自然光とフラッシュあり、自然光(フラッシュなし).

手動、画像安定化、2つのシーンプログラム設定に加えて、ビデオクリップを記録するためのムービーモードの設定があります。

両方のシーンモードは、ポートレート、風景、スポーツ、夜、花火、日没、雪、水中、ビーチ、美術館、パーティー、花のクローズアップ、テキストなど、同じ一連の設定にアクセスします。

F40fdには、録音モードと再生モードを切り替えるためのすばやく簡単なシステムがあります。

再生ボタンを押すと、再生モードになります。シャッターボタンをタッチすると、撮影モードに戻ります。

最も頻繁に使用されるFujifilmF40fd FinePixカメラファームウェアの調整は、Fモードメニューを介して行われます。Fモードメニューを使用すると.

電源管理(省電力、クイックAF、ディスプレイのクリア設定)、ISO設定(自動1600、 Auto 800、Auto 400、1600、800、400、200、100)、画像サイズ/品質(8M、3:2、4M、2M、0.3M)、およびFinePixカラー(標準、F-Chrome、またはF-ブラック)と白)。

矢印パッドのメニュー/ OKボタンからアクセスできるFujifilmF40fd FinePixカメラファームウェアの撮影メニューには、露出補正.

測光モード(「測光」)、ホワイトバランス、連続撮影、AFモードなどの設定が含まれています。

また、4ページのセットアップメニューも表示されます

このメニューでは、デジタルズーム、フレーム番号、AFイルミネーターの調整、日付/時刻の設定、LCDの明るさ、シャッターサウンド.

フォーマットコントロール、言語の選択、ビデオフォーマットを調整できます。

再生モードでは、Fモードメニューを使用してカメラのIrSimpleワイヤレス通信システムにアクセスできます。

情報もグラフに配置されます。 Fujifilm F40 * fd *の色を円で示し、色を正方形で示しています。 それらを結ぶ線は、誤差の程度を示しています。 理想的には、線はまったく表示されません。

これにより、同様に装備されたデバイスと画像ファイルを共有できます。 (ムービークリップは送信できません。

)このメニューでは、9フレームのインデックス表示を表示したり、自動スライドショー再生を設定したり、DPOF印刷注文機能を使用したりすることもできます。

Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェア再生メニューは、カメラが再生モードのときにメニュー/ OKボタンからアクセスでき、個々またはすべてのフレームを回転、保護.

コピーしたり、選択したフレームにボイスメモを追加したりできます。ボイスメモを聞いたり、画像をトリミングしたりするためにも使用されます。

F40fdには、2月にレビューしたX5fdモデルと同様のビデオ機能があります。 VGAとQVGAの解像度を、どちらも30フレーム/秒で選択できます。

Fujifilm F40fd FinePixカメラファームウェアズームは、ビデオクリップの記録中はロックされますが、AFイルミネーターは、オフにしない限り、暗い場所で光ります。

ホワイトバランスは調整できますが、ISOやカラーの設定を変更することはできません。また、ムービーモードではマクロフォーカスも無効になります。

カメラの内部メモリはFujifilmF40fd FinePixカメラファームウェアで21秒のVGAビデオしか収容できないため、このモードを使用するには大容量のカードが必要です。

1GBカードは、VGA解像度で最大14.9分のビデオまたは29.3分のQVGAビデオを保持できます。

驚いたことに、暖かい色のいくつかは彩度が低く、色の多くは間違った色合いです。全体的な飽和度は96.12パーセントを下回っていました。

平均カラーエラーは9.71で、平均を少し下回っています。

Fujifilm FinePix F40 * fd *は、F31 * fd *の6.98マークをわずかに下回る6.18スコアを獲得しました。

Fujifilm FinePix F40 * fd *には、8.3メガピクセルをアドバタイズする1 /1.6インチのスーパーCCDハニカムが装備されています。

これは、8.3メガピクセルのイメージセンサーを搭載した最初のFシリーズカメラです。

他のすべては6.3メガピクセルです。 F40 * fd *を使用して、さまざまな焦点距離と絞りで業界標準の解像度チャートを撮影し、可能な限り最も鮮明な画像を撮影しました。

Imatestイメージングソフトウェアで画像をアップロードして分析した後.

プログラムは、焦点距離24mm、絞りf /5.1で最も鮮明なショットが撮影されたと判断しました。

ソフトウェアは、画像の高さあたりの線幅(lw / ph)の単位で解像度データを出力します。

これは、同じ太さの白黒の線が互いにぼやけることなく画像全体にいくつ収まるかを示します。

Imatestは、FinePix F40 * fd *が水平方向に2212lw / ph、10.1%のアンダーシャープニング、垂直方向に1909 lw / ph、15.9%のアンダーシャープニングを解決したと判断しました。

これらは、特にカメラが大幅にシャープになっていないことを考えると、印象的な結果です。比較として.

6.3メガピクセルのFujifilm F31 * fd *は、水平方向に2115 lw / ph、垂直方向に1905 lw / phを解決しましたが.

過度にシャープにすることで解決しました。新しいF40 * fd *の解像度スコア10.6は非常に印象的で、コンパクトデジタルカメラで見た中で最高の1つです。

F40fdには、コンピューターに接続するためのUSB 23.0 Hi-Speedケーブルと.

保存されている画像を直接再生するためにテレビに接続するためのA / Vケーブルが付属しています。 PAL形式とNTSC形式の両方がサポートされています。

Fujifilm F40fd FinePix Camera Firmwareが提供するリチウムイオンバッテリーは、C.I.P.A基準で300ショットの定格があります。

このカメラには、非常に包括的なユーザーマニュアルと、マニュアルの電子コピーに加えて.

富士フイルムのFinePixビューアとカメラ用のUSBドライバを含むソフトウェアCDも付属しています。

テストカメラで撮影されたショットは

小さなセンサーデジカメの典型的なものでした。色は明るくパンチの効いたものでしたが、コントラストが高く.

露出はハイライトの詳細を記録するように配置されていました。明るい日光の下では、これにより影の部分が遮られましたが、

日陰や曇り空の下では、いくつかの優れた写真が得られました。明るい緑色のボックスで顔の輪郭を描く、仕様どおりに実行される顔検出機能。

人々のグループでは、視野の中心に最も近い顔を選び出し、プロファイルと帽子をかぶっている被験者(眼鏡ではありませんが.

に問題があるように見えました。誤検出は見られませんでした。

解像度は、垂直面と水平面の間、およびImatestテストショットの中心付近から端まで大きく異なりました。

フレームの中央付近からのサンプルでいくつかの優れた結果が得られましたが、エッジに近い平均値のみであり.

エッジが大幅に軟化していることを示しています。このエッジの軟化は、標準のテストショットでも見られました。

ISO 1600のImatestの結果は多くの競合するカメラよりも優れていましたが、解像度は800以上のISO定格で大幅に低下しました。ただし、テストショットに基づいて.

ノイズレベルが非常に高いため、代替手段がない限り、この設定を使用しないように注意します。次の表に示すように、JPEG圧縮率は中程度でした。

Imatestは、色の精度が平均を上回っていることを示しましたが、全体的な彩度は中程度でしたが、赤とオレンジの彩度の上昇を示しました。

横方向の色収差は低かったが、明るい条件で撮影したショットの端に向かって、顕著な紫/緑の縞が観察された。

フラッシュのパフォーマンスはさまざまで、テストカメラは自動モードで正しいフラッシュレベルを確立するのが難しいようでした。私たちのテストシーケンスでは.

ISO 400と1600で撮影されたショットは正しく露出されていましたが、ISO800ショットは約2EVだけ露出不足でした。

デジタルズームショットは柔らかく、アーティファクトの影響を受けましたが、クローズアップは適切に処理されました。

自動ホワイトバランス設定は、蛍光灯で良好な色補正を生成しましたが、白熱灯のオレンジ色のキャストを補正できませんでした。

3つの蛍光プリセットの1つは、手動測定設定と同様に正確な色を提供しましたが.

プリセットも手動モードも白熱灯を完全に補正することはできませんでした。ビデオ品質は、VGA / 30fps設定で一般的に良好でした。

テストカメラの電源は3秒以内にオンになり、ショット間の時間は平均してフラッシュなしで3秒弱、フラッシュありで3〜7秒でした。

フォーカシングは一般的に高速で正確でした。 5.5秒の平均キャプチャラグを測定しましたが、これはプリフォーカスで完全に排除されました。標準の連続撮影モードでは.

約2.3秒間隔で5ショットを記録し、「トップ2」設定では0.6秒間隔で2ショットを撮影し、「ファイナル2」設定では0.7秒間隔で最後の2ショットを記録しました。

FinePix F40fdはスナップショットカメラとして多くのユーザーを満足させますが、適度な光レベルで最高のパフォーマンスを発揮し.

オーストラリアの明るい日光の下で期待外れの結果をもたらす可能性があります。

Fujifilm F40fd FinePix Camera Firmware 低照度での撮影は、高ISO設定でのノイズと予測できないフラッシュによって制限されます。

十分に露出された写真を取得するには、いくつかの実験が必要になる場合があります。

カメラの制限には、いくつかの圧縮設定、カメラ内のシャープネスまたはコントラストコントロール.

静止画またはビデオの16:9アスペクト比オプションが含まれます。それにもかかわらず、F40fdはコンパクトでスタイリッシュであり.

一部のボタンはかなり小さいものの、ほとんどのコントロールは論理的に配置されており、使いやすく、メニューシステムは単純です。

最適なスタジオ照明でGretagMacbethカラーチャートを撮影し、それらの画像をImatestソフトウェアにアップロードすることで.

カメラの色のリアリティチェックを行います。プログラムは画像を分析し、最も正確な色を表示するものを選択します。

以下は、ソフトウェアによって変更されたチャートで、チャートの元の色(垂直の長方形.

Fujifilm F40 * fd *の知覚色(外側の正方形)、および輝度補正された理想的な色(内側の正方形)を示しています。

下にスクロールしてFujifilm F40fd FinePixカメラのファームウェアをダウンロードします

Leave a Reply